咳止めのツボ

咳止めにはツボがあるといわれていますよね。
いろいろな咳止めのためのツボがあるのですが、一般的に有効とされているツボとしては、前の首の付け根辺りの「てんとつ」というツボがかなり効果があります。


風邪などによりのどが真っ赤に腫れてくる時もこの「てんとつ」というツボを抑えることによってかなり咳の症状を和らげることが出来ます。
過剰な咳による炎症などを和らげることは難しいのですが、咳を止めることに大いに役に立つので、公の場では有効活用するとよいでしょう。
また、即効的に咳止めの効果があるツボとしては、肘の内側に出来る代小じわの線上にある真ん中のツボの「尺沢」というツボを抑えるとかなり効果があります。
のどがいがらっぽいときなどにもかなり効果があるので、風邪の引き始めなどのときも有効といえますね。
この尺沢の抑え方としてはむしろ痛みが走るくらい抑えるのが一番効果があるといわれています。
また、そのすぐ上辺りにある「上尺沢」というツボも咳止めにかなり効果がありますよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。