咳が止まらない場合の対処法

咳が止まらない度合いにもよりますが、長く続くようであれば、出来る限り外出は控えた方が賢明です。

安静にして、喉に温湿布をあてておきます。
室温も18度から20度くらいが適温です。
空気の乾燥は咳には大敵ですから、冬季には加湿器、夏にはエアコンの付け過ぎには注意が必要です。
水分のとり過ぎも咳が止まらない時には悪影響を与えます。
冷たい飲み物は避けて暖かいものを飲むようにします。
喉の乾燥には飴をなめると効果的です。
煙草はいうまでもありませんね。
どうしても禁煙出来ない場合には咳が収まるまでは出来るだけ本数を減らします。
この他にも咳止めに効く民間療法として、ダイコン湯、ダイコン汁、カリンの砂糖漬け、黒豆の煎じ汁などが良く知られています。
咳が止まらないと予想以上に体力を消耗します。
栄養価の高い食事で体力や抵抗力を回復させることが重要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。