咳は体力を使う

咳がなかなか止まらないと、体力を消耗・睡眠の妨げ・胸部や腹部な筋肉痛・精神的なストレスになったりと、体に悪影響を及ぼします。

咳が止まらないときは、痰が出ない乾いた咳には、咳止め服用します。

咳止めには、咳中枢の働きを抑えるタイプや、気管支の収縮を抑えるタイプのものがあるので、医師や薬剤師に相談しましょう。

痰がからみ、ゴホンゴホンと湿ったタイプの咳は、呼吸器の炎症やアレルギーが原因となって咳が出ていることが多いものです。

痰には、気道に付着したほこりやウイルスが取り込まれていて、呼吸器の病気による膿を含んでいるときもあります。

このときは、むやみに咳止めを飲むのは控えるようにしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。