スポンサードリンク

咳止めには

咳止めの対策としては、もちろん健康になるのが一番なのでしょうね。

でもとりあえず、このせきを止めたいんだと思います。
せきがずっと続くと、かなり体が疲労しますよね。
そして集中力にも欠けます。
さらに、周りにかける迷惑(うるさいのではないかな?風邪がうつると嫌がられてはいないかな?)も気になります。
なので私としては、やっぱり咳止めには、咳止めの薬、市販薬をひんぱんに使ってしまう結果となっています。

デートのときなどでも、咳止めは欠かせません。
またこれは感覚的なもので、確固たる証拠はないのですが、コンコンとせきをしていると、女性にもてません。
まあこれは女性に対してのことばかりではなくて、せきをいつもしてるとあまりよくない印象が抱かれがちということでしょうね。

咳止めには、民間療法や市販薬や、そして水分補給や濡れたマスクや、その他にも有効なものがたくさんあります。
それらを上手く使い分けていくのが大切なんじゃないかなと思っています。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。